シンスプリントケアグッズ:アーチサポーター&グリッド フォームローラー STKシリーズ

最近、「腸脛靭帯炎」以外の怪我で「シンスプリント」に悩まされています…。「シンスプリント」も、ランナー病の怪我の一つとして、ガチで走っている人がかなりの割合で悩まされる怪我の一つですよね(汗

毎月の鍼灸治療で最近はだいぶ改善しているのですが、油断するとすぐに違和感が出てしまうので、最近はこれからご紹介する2つのアイテムで日々ケアを行っています。

シンスプリントとは?

まずは怪我の原因を知っておかないと効果的な改善が見込めないということで、「シンスプリント」について調べてみました。

オーバーユース症の1つであり、繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害です。過度の運動量、運動時間、運動内容、日数またはフォームの変更、硬い路面、薄く硬いシューズ(踵の摩耗)、下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)、下腿三頭筋の柔軟性低下、股・膝・足関節の柔軟性低下、足関節可動制限などが発生の誘因となります。このうち、新入部員などにみられる急激な運動量増加が一番悪い影響を及ぼします。思い当たる点がある人は、すぐに改善しましょう。  病態は下腿内側筋群の疲労による柔軟性低下、特にヒラメ筋を主として後脛骨筋、長趾屈筋付着部が脛骨の表面を覆う骨膜を牽引して微細損傷(骨膜炎)をきたし、下腿内側の痛みを発生させるものと考えられます(図1、2)。ランナーの発生頻度が高く、その20~50%に発生するといわれます。

ザムスト:ホームページ

症状

徐々に発生する下腿内側(主に脛骨内縁中1/3、目安として脛骨内踝より12~20cm上)の圧痛、運動時痛、腫張が主症状で、足屈筋の抵抗運動で痛みは増強します。

症状の程度は、次の通りです。

Stage1:痛みはあるがウォームアップにより消失する

Stage2:ウォームアップにより痛みが消失するが、スポーツ活動終了近くに痛む

Stage3:日常活動に支障はないがスポーツ活動中、常に痛む

Stage4:局所の痛みは常に存在して日常生活にも支障がある

ザムスト:ホームページ

上記のように、一般的には「走り過ぎ」が一番の理由として考えられています。私の場合、月間の走行距離自体はそこまで変わっていないので、走り過ぎが原因ではないと思い、色々調べたところ、どうやら「下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)」の中の「偏平足」に該当しているらしく、結果として走っている際の衝撃吸収が不十分の結果、脹脛を中心に負担をかけていて、シンスプリントになっている模様。

ということで、「偏平足改善」に効果がありそうな「アーチサポーター」を購入して日々装着しています。

アーチサポーター

アーチサポーター

商品説明では、ランニング時にもつけて使用できるみたいなことが書いてあったので、一度つけて走ってみたのですが、「とにかくきつい」ということと、締め付けが結構強いので、1kmぐらい走ったところでメチャクチャ足裏が痛くなってしまって、走っている際はつけていませんが、

  • 走り終わった後
  • お風呂に入った後

を中心に、家にいるときにはほぼつけています。

付けていないときにはシンスプリント付近にツッパリ感あるのですが、「アーチサポーター」をつけると、アーチが改善されるのか、ツッパリ感がなくなりいい感じです。実は他にもアーチ改善のサポーターなどいくつか買って試したのですが、他のものはどれもしっくりこなかったため、今ではこちらのアイテムのみ使用しています。(同じものを2セット購入して交互に使っています。)

とにかく気持ちいい着け心地

最初のうちは、結構な締め付けなので、1時間ほどで外したりしていたのですが、慣れてくると癖になってくるんですよね(苦笑

「シンスプリント」が緩んでいる感覚もあり、最近では家にいる間はほとんどの時間付けています。気になっている方は値段も1,000円ほどなのでぜひ試してみてくださいね。

グリッド フォームローラー STKシリーズ

グリッド フォームローラー STKシリーズ

本来の使い方としては、両手でもって太ももや脹脛の筋膜リリースを中心に届きづらい腰や肩甲骨周りの筋膜リリースもできるアイテムなのですが、購入して1月もすると「グリッドフォームローラー」が中心となって、こちらのアイテムはほぼ使わない状況でした(汗

シンスプリント」に悩んでいた際に、色々調べていた中で「青竹踏み」がいいという記事を読んで、早速購入しようと思ったところ、ふと

 
ゆでたろう
「使わなくなったグリッド フォームローラー STKシリーズ」で代用できるんじゃないか?

と思い、早速試してみるとこれがメチャクチャいた気持ちいい!

特に真ん中のボコボコが、めちゃくちゃ気持ちいいんです!お風呂上りに毎晩これを3分ほど踏み踏みすることで、「シンスプリント」が改善され、「足底筋膜炎」の予防にもつながっています。

一石三鳥の必須アイテム!

グリッド フォームローラー STK」は、「シンスプリント」にも「足底筋膜炎」にも、もちろん本来の使い方でもある「太ももから脹脛、腰や肩甲骨周り」などの筋膜リリースにも使える、一石三鳥のマストアイテム!

これは正直本当におすすめなので、怪我にお悩みの方や予防の意味合いもかねてぜひ試してみることをお勧めいたします。

最新情報をチェックしよう!