雨の日でも安心!on「Cloudflyer Waterproof」

ランニングでもウォーキングでも、「雨」って嫌なものですよね。一旦走り出してしまえば気にならなかったりもするのですが、それでも気になるのがランニングシューズの浸水具合。

私の場合、普段(出勤時)からよくウォーキングもするのですが、その際履いている靴は大体がランニングシューズのおさがり。大体600km~800kmぐらい走った後は普段履きに使用しているのですが、雨の日に履いているとすぐに浸水してしまって気持ち悪い…。そんな経験をされている方も多いんじゃないでしょうか?

これからの季節、雨も多いかなと思い以前から欲しいと思っていたonから発売されている防水モデルの「Cloudflyer Waterproof」を購入しましたので、レビューをしたいと思います。

雨の日でも安心の防水性能!

購入した際の利用シーンとしては大きく2つ。

  • 雨の日の通勤用
  • 雨の日のウォーキング用

特に通勤用途に関していうと、今までは会社に着いてから靴を脱いで乾かしつつ、靴下を履き替えることをしていたので、本当に面倒でした。(だからといってランニングシューズ以外を履こうとは思わなかったのもすごいですけど)

開封後レビュー

on」の公式サイトから注文したので、しばらくかかるのかなーと思ったら2日後には届いていました。「on」恐るべし!

また、今だけなのか気に入らなかった場合の返送用の伝票も入っていたりと、本当に配慮が行き届いているなーと感心してしまいました。いつもはAmazonか楽天で買い物をするんですが、今回は公式サイトから買って本当によかったなと感激。

主なスペック

◆価格:¥20,680

適している用途:長距離ラン、10km、ハーフマラソン、イージーラン、リカバリーラン、冬のラン、雨天のラン、ロードラン

重さ:292g

ドロップ:7mm

◆主な特徴:ウォータープルーフ

「on」公式サイトより

onのシューズは全般的に高額な印象ですが、こちらの商品も結構なお値段ですね(汗 他社の「カーボンプレート」シューズも、タイプによっては買えてしまいそうな金額です。

また、一番気になったのはやはり「重さ」でしょうか。ランニングシューズの一般的な重量は軽いもので100g前半から、200g前半ぐらいが一般的。そんな中こちらのシューズは約300g弱ですから、結構なインパクトです。

Cloudflyer Waterproof その1
Cloudflyer Waterproof その2

試着レビュー:台風でも来ない限りはまず大丈夫!

良かった点

まずは霧雨の中、やや強い雨の中、早速通勤時に履いてみました。結果としてはバッチリで、浸水することもなく快適な通勤ができました!

履きなれていないせいか、外気の寒さで「あれ?濡れてきたかな?」といった思い違いをすることはありましたが、会社に着いてから確認してみても、靴下・靴の中ともに全く濡れていません。これでいつも憂鬱になっていた通勤時の雨も気にならなくなりそうです!

いまいちだった点

これはもう仕方のないことなのかもしれませんが、非常につくりが野暮ったくて、スマートなシューズが好みの私としては、ファッション的な面で残念な感じがしました。もちろん、レインブーツや長靴なんかと比べたら、遥かに機能的でいいんですけどね。

あとはonのシューズを履いたことがある方ならわかるかもしれませんが、「まるで雲の上を歩いているよう」な感覚があまり感じられませんでした。これはやはりシューズ自体の重さが300gあるということが影響しているのかもしれません。

結論:買ってよかった!

色々言ってきましたが、結論としては「Cloudflyer Waterproof」買ってよかったと思っています。やはり雨を気にせずに履ける靴というのは本当に貴重です。ただし私個人的な感覚としては、このシューズで走ってみようとは思いませんでした(苦笑

ただしかなり高額な商品ではありますので、この先大事に大事に使って3年~5年ぐらいは頑張ってもらいたいですね!

Cloudflyer Waterproof
最新情報をチェックしよう!